まちの教室とは

今までのこどものまちの準備期間といえば、「こども店長」と言われるこどもたちが自分の知識と少しのサポートで成り立っていました。

2014年の試みとして、クリエイターの参加によりこどもたちの思考力・表現力が格段に違いを見せ、こどもたちが今までにしたことのない経験が出来ました。
こどもに「自分でなんとかやってみよう」「これを完成させるにはあの人に聞こう」と、内発的動機付けがされ、こどものまち当初からの目的である自己肯定感の構築にも役立ったと考えられました。

こどもたちの、そういった能力をさらに発揮できる場所として用意したプログラムが「まちの教室」です。
このプログラムでは、親子での参加形式で、新しい知識や日常で活かせる技術を楽しく学ぶことができます。

自分で何を習得したいかを決め自ら進めていくスタイルにすることによって様々な職種を知ることが出来、極めていける最高の場所だと考えます。
こどもたちの輝かしい未来を、地域・家庭・こどものまちスタッフ一同で作り上げたい。そう考えます。

まちの教室 プログラム

会   場 : 高砂市文化保健センタ―

日   時 : 7月15日(土) 午前 10:00-12:00  午後 13:00-15:00

対   象 : 小学4年生から6年生の男女の希望者。
        内容によっては大人の方も参加、または見学が可能です。

参 加 費 : 1講座 500円

定   員 : 講座内容にって変わります。

授業内容は下記のパンフレットからご確認ください。

SKM_C36817033117010.jpg

SKM_C36817033117000.jpg


































2016年